iMC研究開発

微細切削加工を実現するiMC研究とは?インテグレイテッド・マシニング・センター

iMC インテグレイテッド・マシニング・センター とは
マシニングセンター周辺の現象を総合的に一貫制御し、
マシニングセンターによるデータ駆動加工の限界(ミニマム)をコントロールするものづくりのこと。

材料の設置精度や刃具の物理特性など
通常意識されない領域まで徹底的に現象を洗い出し、外乱要因を適切に管理することで
目に見えないサイズの微細な加工を精密に実現。

材料自由度が高く、加工時間が短いマシニングセンターの切削加工の特性を活かし、
「町工場」の設備を最先端の開発室に変え、製造業にイノベーションを起こします。

微細切削加工を実現するiMC研究とは?

従来見過ごされてきた微細切削加工の外乱要因を適切に管理する技術として、「iMC(インテグレイテッド・マシニング・センター)」という概念を提言しています。
続きを読む

微細切削加工研究の歴史

私たちは90年代からマシニングセンタを用いた新しい製造プロセスの開発を進めてきました。機械工学、物性、加工、3Dデータの開発領域を横断し、現場にこだわったツール開発に取り組んでいます。
続きを読む

研究採択・特許・論文・講演一覧

過去に発表した研究採択・特許・論文・講演などを掲載しています。
続きを読む

メディア掲載・受賞歴

過去のメディア掲載・受賞歴を掲載しています。
続きを読む